Raleigh Japan Societyは、英国の非営利団体Raleigh Internationalの日本窓口です。世界各国の若者が大自然の中で共同生活をしながら冒険、環境、地域貢献をテーマに様々なプロジェクトを行います。

OB/OGリレー

  • HOME »
  • OB/OGリレー

高柳俊成さん(1期:チリ)

高柳さんはORでいつ、どこに行き、何をされたのですか?

26056551_10214924972261528_2120718158_n

私は一期の最後のフェーズで、1985年の大晦日から3ヶ月間、南米のチリに行きました。もう32年も前の話ですね。世界各地から120人ほどの若者が参加したのですが、私のグループは30人くらいで、首都サンチャゴからまずプエルトモントという港町まで下り、そこから地元の漁師さんが使う小さな5曹の船に分乗して、両側が島で囲まれている海峡を船を漕いで旅をし、3週間かけて南の氷河地帯、サンラファエロまで移動しました。そのサンラファエロにはベースキャンプがあって、そこで氷河の科学調査、氷河上流への探検プロジェクト、氷上でのアイストレーニング、公園の道路整備プロジェクトなどをしました。

26056793_10214924972141525_2119747147_n

ORに参加したきっかけは何だったんですか?

当時、大学生だったのですが、自分はありきたりなくせに、というか、ありきたりだったからこそ、このままありきたりな人生を歩いて行くのは嫌だ、なんて思っていました。今思うと大げさな感じで、ちょっと苦笑してしまいますけど。自分を変えるきっかけを探しているようなところがあって、そんな時にヨットの雑誌に載っていたORの公募広告を目にしました。「冒険」という言葉に強く惹かれて、とてもやってみたいと思いました。

26056887_10214924972181526_1091412179_n

その時の思い出、大変だったことなどあったら教えてください

船を漕いで海峡を下った3週間がとても大変でした。準備に手違いがあったと思うのですが、船に積んだ食料が圧倒的に少なかったのです。自分たちで魚や貝、木ノ実などを採ったりもしたのですが、全然足りず、いつも空腹でした。また、一日分船を漕ぎ終わると島に上陸して寝場所を探すのですが、テントを持っていた人は少なく、私は2人の仲間と持っていた大きめのビニールシートを屋根にして寝ていました。ほとんど毎日雨が降り、そんなビニールシートのシェルターでは衣服も寝袋もかなり濡れてしまうことがよくありました。そして船を漕ぐのはかなりの重労働。みんな、空腹で、濡れて、疲れていました。すると人は「楽しく仲良く」とは行かず、食べ物で争い、寝場所で争い、お互いグループを形成して反目し合い、人間関係は一時かなりギスギスしたものになりました。その上自分には英語でのコミュニケーションというストレスもありました。

26134973_10214924972061523_1683674893_n

しかし、夜中、用を足すためにシェルターから抜け出したら、雨は上がって、そこには満天の降るような星空。星明かりだけで砂浜が歩ける。天の川が雲のように走り、その中に南十字星。大マゼラン、小マゼラン星雲も見えるし、星がよく流れる。焚き火の残り火がまだ微かに残っていて、思わず呆然として、「ああ、遠い南の国を旅しているんだなあ」という感慨に耽る、なんてこともありました。

26057763_10214924972341530_1270689673_n

そしてそんな中で一緒に過ごしたシンガポール、香港、イギリス、チリの若者とは本当に仲良くなり、全てのプロジェクトが終わって別れる時にはみんな大泣きしました。

26034864_10214924972581536_833486981_n

今は何をされているのですか?そしてORでの経験は何らかの形でその後の人生に影響を与えましたか?

私の場合、ORが直接の変曲点になってその後の人生が劇的に変わった、ということには必ずしもならなかったと思います。当時はそんな自分に少しがっかりもしたものです。大学に戻り、卒業し、理科系の同級生の多くがそうするように国内の電機メーカーに就職しました。2001年からはカリフォルニア州のシリコンバレーに渡り、スタートアップの会社などを経た後、現在は携帯電話などで使われる半導体部品の設計開発に携わっています。

26056908_10214924972421532_768670886_n

しかしORでの経験は、静かだけれども確実に私の人生に影響を与えたと思います。やはりあの3ヶ月は、今思い返してもとても特別で、宝物のような経験でした。肉体的にも精神的にもとても大変だったあの3週間を、やせ我慢しながらも最後まで紳士的な態度を貫けたという自信。異なる言葉、文化、背景を持った同じ年代の若者同士が、せめぎ合いながらも一緒に活動した経験。大きな自然の中で過ごした時間。そして身につけた少しの冒険心。これらが、時に少しづつ自分を押していって、自分が今の場所にいるのだと思います。

今後の目標、夢などは?

もうかなりのおじさんになってますから、仕事面での野心というのはあまりないですし、大げさな自分の夢というのもあまりないです。夢を持っている人を応援する方でやっていきたいと思います。

26056689_10214924972501534_1545822827_n

あっ、でもORのことを知るきっかけにもなったヨット、これは一人乗りの小さな船なのですが、こちらの方はマスターズの大会でいつか世界で10番以内に入るのを目標にして、今もよく練習しています。

後に続く人へのメッセージなどありましたらお願いします

最近ORに参加した方の活動報告などを聞くと、今の若い人の方が、あの時の自分よりも、もう断然しっかりしてるなあと感心します。だから、メッセージは、特に思い浮かばないです。行って、色々な経験をして、安全に帰って来てください。

PAGETOP
Copyright © Raleigh Japan Society All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.